So-net無料ブログ作成

D・フィンチャー監督&C・マリガン主演で「ミレニアム」リメイクか

写真拡大オスカーノミネートで注目度上昇中 デビッド・フィンチャー監督が、09年のスウェーデン映画「ミレニアム/ドラゴン・タトゥーの女」のハリウッドリメイク版でメガホンをとることになりそうだ。原作小説の英語映画化権を獲得した米ソニー・ピクチャーズがフィンチャー監督と交渉に入っており、オリジナル版でノオミ・ラバスが演じたヒロインのリスベット役の候補として、「17歳の肖像」(4月17日公開)で第82回アカデミー主演女優賞にノミネートされたキャリー・マリガンが筆頭に挙がっているという。スウェーデン人作家スティーグ・ラーソンの世界的ベストセラー「ミレニアム」シリーズの第1作を映画化した「ミレニアム/ドラゴン・タトゥーの女」は、スウェーデンを舞台に、40年前の少女失踪事件を調査する雑誌編集者ミカエルと、彼を助けるヒロイン、背中にドラゴンのタトゥーを入れた天才ハッカーのリスベットが事件解明に挑むミステリーサスペンス。フィンチャー監督の最新作「ソーシャル・ネットワーク(原題)」(2010年10月15日全米公開)も同じくソニーの作品だが、米ニューヨーク・マガジン電子版によると、スタジオはその出来にいたく満足しており、同社の重要案件である「ミレニアム」もまかせようとしているとのこと。リメイク版では「シンドラーのリスト」「アメリカン・ギャングスター」のスティーブン・ザイリアンが脚本を手がけ、「ノーカントリー」でアカデミー作品賞を受賞した名プロデューサー、スコット・ルーディンが、スウェーデン版のプロデューサーと共同で製作にあたる。なお、フィンチャー監督に関してはもう1本、ソニーが手がける伝説のアメリカ人チェスプレーヤー、ボビー・フィッシャーの伝記映画「Pawn Sacrifice」の監督にも正式に起用されたと米バラエティ誌が報じている。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。